お酢ダイエットはクエン酸回路に効かないが有酸素運動には効果的

ぜひシェアボタンを押してください!

痩せる酢

お酢を飲めば痩せるというダイエット法を聞いたことがありますか?

芸能人や口コミなどのダイエット情報の中で、簡単に健康的に痩せることができるとしてときどき紹介されています。

使われるお酢の種類は様々で、黒酢やリンゴ酢、米酢、バナナ酢、ブルーベリー酢やアプリコット、ローズヒップ入りのお酢なんてものもあります。

お酢は刺激があるため、飲みやすくしたサプリメントも数多く販売されています。

では、お酢のどのような成分がダイエットに効能があるのか、そしてどんなときに飲むことが効果的かご存知ですか?

この記事では、お酢ダイエットがクエン酸回路に効果は無いこと、でも有酸素運動には効果があるということをご説明します。
[ad#ad-11]

スポンサーリンク

クエン酸を飲んでもクエン酸回路には関係ない

お酢のダイエット効果を説明するときに良く用いられるのがクエン酸回路(TCAサイクル)です。

クエン酸回路は体内の脂肪をエネルギーに変換する際の経路ですが、この変換過程の成分の1つがクエン酸です。

このため体にクエン酸が足りないとクエン酸回路が上手く回らないので脂肪が減らない、痩せにくくなりますという説明の後、お酢にはクエン酸が入っているのでダイエットに効きます、という話になっています。

そんなことはありえません。

体の中では常にエネルギーを作るためにクエン酸回路が回り続けています。

この回路中の一部の物質が不足してエネルギーが作られなくなるようなものなら、生物は死んでしまいます。

クエン酸だけではなく、このエネルギー代謝経路が安定して働けるように生命の仕組みは作り上げられているため、回路が停止することを心配する必要は無いのです。

クエン酸には筋肉のグリコーゲン貯蔵を高める効果がある

ではクエン酸が全く意味の無いものかと言えばそうではありません。

クエン酸とブドウ糖(糖質)を同時に摂取すると筋肉中のグリコーゲン量が増えることが報告されています。

グリコーゲンは運動時に優先的に使用されるエネルギー源であり、スポーツのパフォーマンスに大きく影響します。

またグリコーゲン不足時に運動を続けると筋肉の損傷が大きくなることもわかっています。

運動後に糖質を含むお酢を飲むことは筋肉のエネルギー貯蔵、ダメージ回復、疲労の軽減に効果があります。

スポンサーリンク

アミノ酸は代謝を高める(基礎代謝ではない)

クエン酸と並ぶダイエットに効果のあるとする成分がアミノ酸です。

多くのアミノ酸を含んだお酢を飲むと体が温まっていく気がするため基礎代謝が高まっているように感じますが、これはあくまで一時的な効果です。

むしろ有酸素運動前にお酢を飲んでアミノ酸を摂取しておくと脂肪の代謝が促進されるため、脂肪分解の補助作用を期待できます。

朝にお酢を飲んでおくことも、通勤や通学時の脂肪消費量を高めるために効果的でしょう。

お酢を空腹時に飲むと危険

お酢は酢酸を数%と有機酸類を含んでいる刺激の強い飲み物です。

このため空腹時に濃度の高いお酢を飲むことは歯を溶かす可能性があります。

また口腔内や消化管にもダメージを与えてしまいます。

これほどまでに強い損傷を与えないまでも、食前のお酢の摂取は食欲を増進させる効果があるため、あまりお勧めできません。

お酢を飲んだ後はお茶など中性の液体を飲むか、うがいをした方が良いでしょう。

まとめ

この記事では、お酢ダイエットの説明に良く使われるクエン酸のクエン酸回路への効能は間違っていること、そしてお酢は有酸素運動と絡めて摂取することでダイエット効果を発揮することを紹介しました。

TCAサイクルの説明はトンデモ理論ですが、お酢には体に良く運動と併用することで痩せる役に立つ成分が多く含まれています。

世界には様々な種類の美味しいお酢がありますので、ご自身のレシピに加えてみられてはいかがでしょう。

お酢と有酸素運動を組み合わせて、ダイエットをしてみませんか?

お酢の購入はamazonまたは楽天市場をオススメします。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ