騙された!スムージーもコールドプレスジュースもダイエット効果がない理由とは

ぜひシェアボタンを押してください!

「スムージーを飲めば痩せるって聞いたから、毎日家で作っているけど、ぜんぜん体重が減らない」

「ダイエットに効くと思って、値段が高いけど専門店のコールドプレスジュースを買っているけれど、痩せた実感はないかなあ」

野菜や果物を無理せず手軽に摂取する方法として、「スムージー」や「コールドプレスジュース」が、ダイエットドリンクとして注目を集めています。

しかしネットで口コミを見ると、有名店や専門店の品は、値段の割に効果が見られないという否定的な評判が目につきます。

なぜ健康と減量に良いはずの野菜やフルーツを多く食べることができる「スムージー」や「コールドプレスジュース」のダイエット効果は、イマイチなのでしょうか?

Reference:Freeman AM., et al., J AM Coll Cardiol. 2017. Trending Cardiovascular Nutrition Controversies.

スポンサーリンク

スムージーとコールドプレスジュースの違いとは

そもそも「スムージー」と「コールドプレスジュース」は、何が違うのでしょうか?

旬の食材は美味しい物ですが、日本人が1日に食べなければならない野菜と果物摂取量である350グラム以上を達成するためには、毎食山盛りのサラダが必要になります。

こんなに大量の野菜や果物は、いくら味が良くても、食べ続けることはつらいし難しいです。

サラダにかけるドレッシングのカロリーや塩分も、無視できる量ではありません。

そこで手軽で簡単に体に良い野菜やフルーツを摂取する方法として考え出されたものが、丸ごと砕いてジュースにしてしまう方法です。

ご家庭のキッチンでも優しくジュースにできるジューサーが市販されていますが、最近ブームになっている飲み方は、アメリカ発祥の専門店が販売する「スムージー」や「コールドプレスジュース」と呼ばれるもので、街角のカフェやカウンター方式のお店で、対面販売されているのを見かけたことがあると思います。

スムージーとは

「スムージー」とは、ミキサーやブレンダーで丸ごと混ぜたもので、果肉や繊維質のドロドロした食感が残っています。

食物繊維を豊富に含んでいるので、デトックスや便秘の解消に効果があると言われています。

一方、食材の形が部分的に残っているため、胃や腸で消化分解しなければならず、栄養分を窮するするまでに1時間ほど少し時間がかかります。

晩御飯の置き換えとして夜に飲むと、ダイエット効果が高いとされています。

コールドプレスジュースとは

「コールドプレスジュース」とは、低速回転のスロージューサーで食材に熱を加えずに、圧力で野菜と果物をすり潰して絞ったものです。

水分とエキスが濃縮されるため、胃や腸に負担をかけずに、栄養素を素早く吸収することができます。

このため朝食の代わりとして、朝に飲むことで、栄養補給と疲労回復に役立つとされています。

スムージーやコールドプレスジュースにおすすめの材料とは

どちらも野菜や果物であれば、なんでも食材として利用することができます。

健康や生活習慣病の予防を目的とするならば、植物性ポリフェノールが豊富なトマトやニンジン、ブルーベリーがおすすめです。

腸内細菌を活発に働かせたいのならば、食物繊維の多いブロッコリーやケール、小松菜やキャベツ、モロヘイヤが良いです。

代謝を活性化させるためには、糖質のバランスのとれたバナナやイチゴ、鉄分の多いほうれん草を加えましょう。

肌や美容に抗酸化物質を加えたいのなら、キウイやオレンジ、グレープフルーツの入ったものが適しています。

ちなみに市販の野菜ジュースやフルーツジュースは、工場で水分を抜いて輸送後に加水した濃縮還元や、加熱処理があることから、成分比率はコールドプレスジュースに近いのですが、栄養素が破壊されていると、一部の専門店の広告では書かれています。

こんなにも多くの体に良さそうな食材を使っているにもかかわらず、「スムージー」や「コールドプレスジュース」のダイエット効果が弱いのは、どうしてなのでしょうか?

宣伝に踊らされてる?飲み方の流行は害になるかも

アメリカのペンシルベニア州立大学(Pennsylvania State University)の Penny Kris-Etherton 教授らのグループは、栄養科学的な視点から、最近の誇大宣伝について調査を行い、医師が患者さんに何を勧めるべきなのか検討しました。

教授らは、これまでに科学的な調査の上で健康に良いとされている食習慣と、米国内で流行している特定の健康食に関する医学的なエビデンス(根拠)の情報を収集しました。

その結果、「スムージー」は、噛むという咀嚼行動が省略されてしまうため、カロリー量の割に満腹感を得られず、すぐに空腹になってしまうこと、「コールドプレスジュース」は、ビタミンやミネラルの吸収率をわずかに向上させるものの、繊維質が除去されることで、野菜と果物の有効性を奪っていることが判明したのです。

総合的に判断すると、教授らは、加工されていない植物性の食品を、特に色鮮やかな抗酸化物質を多く含んでいる緑黄色野菜を、自然なままの形で食べるべきだと結論しています。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、ダイエットドリンクとして流行している「スムージー」や「コールドプレスジュース」に、なぜ効果がないのか調査した研究を紹介しました。

「スムージー」や「コールドプレスジュース」は、減量に有効で、健康や美容にも良い野菜や果物をふんだんに使っているにもかかわらず、製造方法の問題から、本当に体に良い形で摂取することができなくなってしまうのです。

ダイエットのためには、市販の「スムージー」や「コールドプレスジュース」に頼らずに、スーパーやデパートで購入した野菜と果物を、ご自宅で食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ