仙台名物の牛たん焼きは低カロリーでダイエットにも最高のメニュー

更新日:

牛たん焼きは、牛肉で脂肪が多くて高カロリーだから、減量中に食べてはいけない料理だと、誤解していませんか?

牛タンは、牛の体の中でも脂肪が少なく、タンパク質が多い部位です。

そして仙台の牛たん焼き定食は、麦飯や野菜の浅漬け、味噌南蛮やテールスープなど、ダイエットに良い材料が組み合わさってできている素晴らしいメニューなのです。

この記事では、牛たん焼きの歴史と、なぜダイエットに効果があるのか、牛たん焼き定食のカロリーと栄養成分を紹介します。

336固定




牛たん焼きは仙台が発祥? 定番の牛たん焼き定食とは

仙台には、枝豆から作られる緑色の甘い餡の「ずんだ餅」や、仙台湾で大量に採れる白身魚のヒラメを材料にして始まった「笹かまぼこ」など、数多くのグルメがあります。

なかでも定番として、市民の方にも特別な日の食事として親しまれているのが、「牛たん焼き定食」です。

牛たん焼きは、今でもある名店「味太助」の初代である佐野啓四郎が、1948年(昭和23年)に牛タンの専門店を開いたことから始まります。

佐野さんは、もともと「太助」という焼鳥屋(旨味 太助として青葉区の国分町に残っています)の店主でしたが、フランス人シェフのタンシチューからアイデアを得て、牛タンを薄い切り身にして塩焼きにするという料理法を考え出しました。

牛たん焼きのタンは、皮をむいてスライスした肉に、塩・胡椒を振って1枚ずつ積み重ねて、ラップで密封した後に、一晩から数日間冷蔵庫で熟成されます。これにより焼き肉屋の薄い牛タンとは違い、うま味が倍増するのです。

牛たんのカロリーは? ダイエットに効く3つの栄養素とは?

 

焼き肉店で食べられる薄い牛タンスライスは、一枚あたり40 kcalですので、1人前5枚として200 kcal あります。

仙台名物の牛たん焼き定食の牛タンは厚みがありますが、1人前100グラムくらいなので、牛たんだけでしたら270 kcalになります。

高カロリーだと思われるかもしれませんが、牛たんは高たんぱく低脂肪、低糖質な食品であり、またタンパク質は熟成によって筋肉の材料になるアミノ酸に分解されています。

またカロリーの半分を占める脂肪も、オリーブオイルとおなじ一価不飽和脂肪酸であり、血液の流れを良くしたりコレステロールを下げる働きがあります。

このため、牛たんは他の肉食品よりも、ダイエット向きの食材なのです。

さらに牛たん焼き定食には、麦飯やテールスープもついてくるので、定食すべてを完食すると、750 kcal になります。

しかし他の肉料理の定食である、焼肉定食やとんかつ定食と比べると、200~300 kcal くらい低カロリーです。

また牛たん焼き定食には、ダイエットに効果がある3つの栄養成分が含まれています。

麦飯と野菜の浅漬けに含まれる食物繊維は脂質の排出を助ける

精製された白いご飯とは異なり、麦飯には食物繊維が1膳あたり6グラム含まれています。

これは3杯食べると、1日に不足している食物繊維を完全に補えるくらいの量です。

付け合わせの野菜の浅漬けも、加熱や発酵させないため食物繊維が豊富に残っていて、さらに水分が抜けているためサラダよりも食べやすくなっています。

食事中に食物繊維が豊富な食材を食べることで、余分な資質や糖質の吸収を防いでくれます。

これにより実際の摂取カロリーを、低く抑えることができるのです。

南蛮味噌に含まれるカプサイシンは代謝を高める

南蛮味噌は、別名、唐辛子味噌とも呼ばれる、青唐辛子をすり潰したものを漬けた調味料です。

寒い日本海側の地域で作られるもので、仙台以外では新潟県のものも郷土料理として有名です。

牛たん焼きを発明した佐野さんは山形県の出身であり、山形でも南蛮味噌は伝統料理として食べられています。

青唐辛子に含まれるカプサイシンは、脂肪を分解して、基礎代謝を高める効果があることが知られています。

南蛮味噌は、少量でもとても辛いので、牛たん焼きを食べる時も少しずつ口に入れるようにしましょう。

テールスープのゼラチンは運動のケガを予防する

テールスープは、その名の通り、牛のしっぽを煮込んで作るスープです。

牛のしっぽには豊富なコラーゲンが含まれていて、加熱することでゼラチンに変化します。

ゼラチンは体内で、手足の関節の軟骨の材料になるため、減量時の運動によるケガや故障を予防することができます。

体重が平均よりも重い場合や、カロリー制限をしているときなど、関節の軟骨を痛めやすいため、しっかりとゼラチンを補給することがダイエットを成功させる秘訣になります。

またゼラチンは、髪の毛や肌のキメを整える成分でもあるため、美髪や美肌効果も期待できます。

美味しい牛たんが食べられるオススメのお店ベスト3

私が実際に訪問して食べてみて、美味しかった牛たん焼き定食の有名店を紹介します。

①味 太助 本店

初代の店主が牛たん焼き専門店を始めたとして、仙台牛たん発祥のお店として一番有名です。

創業から60年以上の歴史があり、伝統の技と味を守り続けています。

住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-4-13
営業時間:11:30~22:00
定休日:火曜日
駐車場:なし

②味の牛たん 喜助

東北の日本酒など、お酒も美味しい、居酒屋感覚で牛たんを味わえるお店です。

こちらも開業してから40年以上の歴史があり、地元の仙台っ子おすすめの名店です。

牛たん本来の味わいを保つため、良い素材を厳選し、熟成の仕込みにこだわっています。

住所:宮城県仙台市青葉区中央2-1-27 仙台駅エバーアイ3階
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
駐車場:あり

③牛たん炭焼 利久

他店よりも厚みのある牛たんと、豊富なサイドメニューで人気のお店です。

お酒も数多く取り揃えてあるため、夜に訪れた方が楽しめると思います。

季節によって品揃えが変わるので、春夏秋冬いつ訪れても良いお店です。

住所:宮城県仙台市青葉区中央1-6-1 ビル5階
営業時間:11:30~15:00、17:00~23:00
定休日:なし、年中無休
駐車場:なし

この美味しい牛タンを使った仙台料理は、牛たん焼き定食だけでは、ありません。

牛タンを柔らかく煮込んで塩とコショウで味付けした「ゆでたん」や、醤油ベースの特性のタレで長い時間じっくり煮込んだ「牛たんの煮込み」、限られた季節でしか食べることのできない「牛たんしゃぶしゃぶ」も、仙台グルメとしてオススメです。

仙台に旅行された際には、ぜひ立ち寄ってみることをオススメします。

336固定




まとめ

 

この記事では、仙台名物の牛たん焼き定食が低カロリーで、ダイエットにも良い料理という情報を紹介しました。

牛たん焼き定食の牛タンは、高たんぱくでありタンパク質もアミノ酸に分解されているため、筋肉の材料として吸収しやすくなっています。

また麦飯は白米と違って食物繊維が豊富に含まれており、また野菜の浅漬けも生野菜のサラダのように大量に食べなくても、しっかりとビタミンとミネラルを摂取することができます。

そして定番のテールスープには、軟骨の材料になるゼラチンが多量に含まれているため、運動時のケガや関節痛の予防にも効果があります。ゼラチンはコラーゲンと同じく、髪や皮膚の材料にもなるので、美容効果も期待できます。

夏の仙台はとても素敵な街で、牛たん焼きは仙台が本場ですが、日本全国にあるお店や、ネットショップ、おみやげ店でも購入することができます。

暑い夏の疲労を吹き飛ばすためにも、代謝の高まる牛たん焼きを食べて、ダイエットに挑戦しましょう。

336固定




336固定




-食とダイエット
-, ,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.