お酢やフルーツで歯が溶ける?ダイエット時に気をつけるべき酸蝕症とは

更新日:

酸蝕症

笑顔と共に見える白い歯は魅力的です。

その歯の白さを維持するためには毎日のケアと定期的な病院での治療が必要です。

なぜなら色素を含む毎日の食事や飲み物によって歯の表面には必ず汚れ(ステイン)が沈着していくはずだからです。

でも何もしていないのに歯がいつも白いのであれば、それは問題です。

もし色素を取るための専用器具や歯科医の診察なしに歯の白さが保たれているのなら、あなたの歯は溶けているのかもしれません。

この記事では、自覚症状なしに歯がどんどん溶けてしまう、虫歯よりも怖い酸蝕症について紹介します。
[ad#ad-11]

336固定




紅茶を飲むと歯が溶ける?pH5.5以下の飲み物は危険

歯が虫歯になる仕組みは、皆さんご存知だと思います。

虫歯菌が食べ物に含まれる糖分を栄養にしてを作り出し、その酸が歯を溶かす病気を虫歯と言います。

酸と聞くと特別な物質だと思われるかもしれませんが、水よりも酸味を感じる飲み物は全て酸性だと考えてかまいません。

例えば紅茶の酸性度はpH5.5であり、水のpH7.0よりも小さいため、紅茶は酸性の飲み物だと言えます。

そして歯が溶け始める酸性度はpH5.5以下ですので、紅茶を口に含んでいると歯の表面が溶けていきます。

このように食べ物や飲み物、胃酸によって歯が溶かされる病気を酸蝕症といいます。

歯のエナメル質からカルシウムが溶け出す酸性の飲み物に注意

では、なぜ酸性の食べ物や飲み物に触れると歯は溶けてしまうのでしょうか。

歯の表面のエナメル質はリン酸カルシウムという物質でできています。

この物質は酸にとても弱いため、わずかでも酸性の液体に触れると分解されてカルシウムが溶け出します。

酸性の飲み物として最も有名なものはコーラです。

でもダイエットの時に飲む黒酢ドリンクなどのお酢やオレンジジュースなどのフルーツ、トマトジュースなどの野菜もコーラに近い酸性度を持っています。

このため、お酢やフルーツを頻繁に飲むことは酸蝕症の原因にもなりかねません。

守りたい3つの酸蝕症予防方法

酸蝕症にならないためには次の3つの飲み方を守ることが大切です。

①口の中に含まない

酸性の飲みものが歯に触れている時間が長ければ長いほど、歯が溶けてしまいます。

すぐに飲んで口の中にためておかないことが重要です。

②ストローを使う

酸性の飲み物を歯に当てなければよいため、ストローでのどに流し込むことも有効です。

奥歯にも当たらないように注意しましょう。

③飲んだら水で口をすすぐ

酸性の飲み物を飲んだ後の口の中は酸性になっています。

歯が溶けない中性に戻すためには口の中を洗うことが効果的です。

数回、水を口に含むだけで酸を洗い流すことができます。

336固定




内因性酸蝕症の原因と治療方法とは

酸蝕症は体の外部の酸によって起こるばかりではありません。

食べ物や飲み物よりも遥かに強い酸である胃酸によっても酸蝕症は発生します。

この口腔内への胃酸の逆流は胃の入り口が緩むことによって起こり、これは胃に負担がかかりすぎたときになります。

過食や脂肪の多い食べ物、ストレスや肥満がこの緩みを引き起こします。

内因性酸蝕症を治すためには、食生活と生活環境の改善、そして処方箋が有効です。

まとめ

この記事では、自覚症状なく歯が表面から解けてなくなっていく酸蝕症の危険性を紹介しました。

酸蝕症の恐ろしい点は虫歯と違って痛みを感じないことです。

知覚過敏のように歯と歯茎の境界が痛むことがありますが、そのときには歯がやせ細ってしまっています。

鏡に向かって微笑んでみて歯の先端が透けていないか確認してください。

もし歯が薄くなっているようであれば歯科医の診断を受けられたほうが良いでしょう。

下にスクロールすると関連記事があります

336固定




336固定




-食とダイエット
-, ,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.