最適なプロテインとは?ダイエットに影響する種類の選び方

更新日:

photo credit: cafemama via photopin cc
この記事では、プロテインの種類がダイエットにどのような影響を与えるのかに紹介します。

プロテインはタンパク質を主成分としていますが、その原材料となった素材によっていくつかの種類に分けられます。

この記事では、ホエイプロテインとソイプロテインの違いについて紹介していきます。

[photo credit: cafemama via photopin cc]

336固定




知っておきたいプロテインの種類

まずホエイプロテインとソイプロテインの違いについて記載します。

ホエイプロテイン(Whey protein)

牛乳を原料とし、乳清(whey)タンパク質を抽出したものをホエイプロテインと呼びます。

ホエイプロテインは体内で生産される抗酸化物質であるグルタチオンの減量となるアミノ酸システインを含んでおり、これによりがんや心臓病、糖尿病のリスクを減らす効果について研究が進められています。

またホエイプロテインは分岐鎖アミノ酸(BCCA)を豊富に含んでいるため、運動機能の改善や運動後の損傷回復に役立つとされています。

ソイプロテイン(Soy protein)

大豆を減量とし、大豆タンパク質を使用したものをソイプロテインと呼びます。

大豆由来のイソフラボンを含むものも多く、これが女性ホルモンであるエストロゲン様な作用をする可能性が示唆されています。

またソイプロテインには、血中の悪玉コレステロール(LDL)を下げる効果があることもわかっています。

 

ではダイエットの際には、どちらを摂取すればよいのでしょうか。

ダイエットの際はホエイプロテイン

運動を主体としたダイエットを行う場合は、トレーニングによって傷ついた筋肉を回復させなければなりません。

そのため筋肉の原材料となるホエイプロテインを摂取するべきです。

カロリー制限を主体としたダイエットを行う場合でも、筋肉を活性化させるためにホエイプロテインを摂取するべきでしょう。

ソイプロテインは吸収が遅いため、カロリー制限時にはソイプロテインを摂取するべきという意見もありますが、通常の粉末加工されたプロテインであれば吸収速度に違いは見られません。

しかし高齢の特に女性の場合、ソイプロテインに含まれる女性ホルモン様物質によるホルモンバランスの安定化が期待できるため、ホエイプロテインとの併用を検討されてもよいかもしれません。

 

Dr. Doo の ダイエット講座では、ダイエットに関係する様々な事柄について、可能な限り科学的根拠と医学的根拠に基づいた説明を付け加えた上で、皆さんにご紹介していきたいと考えています。

この記事が、少しでもあなたのダイエットのお役に立てれば幸いです。

さあダイエットを始めましょう。

プロテインの購入にはamazonまたは楽天市場をオススメします

【下の関連記事や新着記事もいかがですか?】

336固定




336固定




-食とダイエット
-,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.