ダイエットに最適!おすすめの痩せるためのパンの選び方とは

更新日:

カロリーの少ないダイエットブレッドパン

朝はパン。絶対にパンでなければダメ。という方も多いでしょう。

一口にパンと言っても、数多くの種類があります。

食パンフランスパンベーグルバターロール菓子パンあんパンカレーパン

クロワッサンデニッシュブリオッシュスコーン

トルティーヤナン焼餅(シャオピン)なども広義のパンと言えるかもしれません。

もしダイエットしたいのであれば、あなたはどんなパンを食べるべきなのでしょうか。

336固定




血糖値を上げにくく下げにくい低GIパンを探そう

体重を減らすときに気をつけなければならないことは、血液中の糖質量、血糖値を上げすぎず、下げすぎないことです。

血糖値が高過ぎると、余分な糖質が脂肪に変わります。

血糖値が低すぎると、空腹感が高まり食欲を抑えられなくなります。

血糖値をコントロールするには、グリセミック指数(glycemic index)に注意することが必要です。

グリセミック指数は、その食品を食べた時の血糖値の上昇しやすさを表した数字であり、低いほど血糖値を上げにくく、高いほど血糖値を上げやすい食べ物だということを示します。

グリセミック指数の低い食品の代表としては、野菜ナッツ脂肪があります。

グリセミック指数の高い食品の代表としては、白米砂糖イモ類があります。

普通の小麦粉を原材料に使ったパンは、グリセミック指数の高い食品です。

しかし全粒粉を使った食物繊維の多いパンであれば、グリセミック指数の低い低GIパンに生まれ変わるのです。

小麦以外のトウモロコシ粉から作られるトルティーヤなども、意外と低GI食品であるためオススメです。

それでも普通の白いパンを食べたい方向けのオプション

普通のパンは、血糖値を上げる高GI食品であり、痩せるときにはオススメできないものです。

それでも全粒粉パンの味わいが苦手であったり、どうしても美味しいパンが食べたいのであれば、食物繊維の多い食品と組み合わせることが有効です。

野菜サラダフルーツ類スーパーフードフラックスシードチアシードバジルシードキヌアバオバブパウダーなど、食物繊維含有量の多い食べ物を同時に摂取することで、血糖値を上げずに下がりにくくすることができます。

特にスーパーフードは、パン自体に練りこんで混ぜ合わせることもできますし、ヨーグルトやドリンク、デザートに新たな風味や食感をプラスすることもできます。

いろいろな食べ物の組み合せを考慮して、痩せるパン生活を試してみてはいかがでしょうか。

336固定




336固定




-食とダイエット

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.