痛風を予防する方法と避けるべきプリン体の多い食品とは

更新日:

「初期症状は関節のかゆみや違和感くらいだったのに、突然、足の指が折れたと思うほどの激痛が走った」

「何の前触れも感じなかったのに、急に痛みが来て動けなくなって、その場で座り込んでしまった」

そよ風が当たったくらいの刺激でも、ものすごい痛みを感じる『痛風』は、経験者の方に言わせると、前触れはほとんどなく、初期症状も軽いかゆみや何となく違和感があるくらいで、なってみなければ怖さがわからないという、恐ろしい病気です。

痛風は、太っている人がなりやすいと言われていますが、必ずしも体の脂肪が悪さをしているわけではなく、太りやすい食生活が原因であるため、結果として肥満の方が痛風になる確率が増えているだけなのです。

この記事では、怖い痛風の発作を起こさない食生活の注意点について紹介します。

336固定




なぜ痛風は痛いのか? その原因と理由とは

痛風は『尿酸』という物質が原因で起こります。

尿酸は、ある程度の濃度までは体液中に溶けていますが、過剰な量の尿酸が溜まったり、体温が低下したりすると、硬い結晶に変化します。

この尿酸塩と呼ばれる結晶は、重力に引かれて足先に移動していきます。

足の母趾に付着した尿酸塩が尖っているため、神経を傷つけるのではなく、免疫細胞が尿酸塩を除去しようと攻撃することで炎症が起こり、周囲の神経が痛むことで、痛風の症状が発生するのです。

この免疫による攻撃が過剰すぎるため、周囲の血管まで巻き込んで破壊されてしまうので、痛風は激痛が走るのです。

では、この痛風発作を予防するには、どうすればよいのでしょうか。

痛風の原因物質である尿酸を作らせないことが大切

痛風を引き起こす『尿酸』は、食べ物の旨味成分である『プリン体』を体内で分解する際に発生します。

プリン体は、食べ物の旨味成分なので、ぶっちゃけると美味しい食べ物、特に細胞数が多い部分に多く含まれています。

(誤解されていますが、卵やイクラは一粒が大きいので、プリン体は少ない食品です)

鶏や牛レバー、赤身肉、魚介類のエビやカニ、マグロやカツオ、アンチョビは危険な食べ物です。

アルコール類(特にビール)には、プリン体が多いと誤解されていますが、食べ物と比べて、お酒に含まれているプリン体は少ないです。

しかしアルコールを摂取すると、肝臓中での尿酸合成量が増えるため、含まれているプリン体が少なくても、結果として尿酸値は高くなってしまいます。

また果汁100%のフルーツジュースや、清涼飲料水の甘味料として使われているフルクトースも、お酒と同じく肝臓の働きを麻痺させて尿酸を増やすため、制限するべきです。

痛風症状を予防する尿酸を減らす正しい食生活とは

尿酸は体液中に溶けているため、利尿作用のある茶(緑茶、紅茶)、コーヒーを摂取して尿を出すことで、痛風の症状を予防することが可能です。

尿の出し過ぎも体に良くないため、水を1日1.5リットル飲んで、脱水症状を避けなければなりません。

抗酸化物質にも尿酸を取り除く作用があるため、オリーブ、キャノーラ、ひまわり植物油や、アスパラガスやブロッコリー、みかんを食べても良いでしょう。

フルクトースの少ない果物としては、さくらんぼやイチゴは、抗酸化物質も多いのでオススメです。

低脂肪ヨーグルトを摂取したり、食物繊維の多い全粒粉パンを食べることで、腸内細菌の活動を活性化させることも、尿酸値を下げる効果があります。

336固定




まとめ

この記事では、痛風になる原因物質である尿酸と、原材料であるプリン体の多い食品、尿酸値を下げる予防方法を紹介しました。

痛風は、信じられないくらいの激痛が、突然起こる怖い病気ですし、男性がなりやすいとされていますが、もちろん女性でもかかる病気です。

しかし痛風の原因は明確なので、食生活を改善することで痛風の発症を予防することができます。

また運動して血液と体液をしっかりと循環させることも、尿酸結晶が関節にたまらないようになる大切な方法です。

しっかりと健康的なダイエットに取り組んで、痛風を予防しましょう。

336固定




336固定




-食とダイエット
-, ,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.