ダイエット効果のある亜麻仁油の原料フラックスシードとは

ぜひシェアボタンを押してください!

フラックスシード

亜麻仁(あまに)は亜麻というアマ科植物のであり、ミラクルフードと呼ばれるくらいの高い栄養成分が含まれています。

亜麻仁はアメリカではフラックスシード(Flax seed)と呼ばれ、ダイエット効果のある食品として人気があります。

フラックスシードから採れる油は、フラックスシードオイル(Flax seed oil)リンシードオイル(Lin seed oil)と呼ばれ、痩せるだけでなく健康にも良い油として評価されています。

なぜ亜麻仁は、こんなに高い効果を持っているのでしょうか?

この記事では、健康増進とダイエットに効果のあるフラックスシードを紹介します。

スポンサーリンク

古来より薬として用いられた亜麻仁(フラックスシード)

人類と亜麻仁との歴史は古く、今から4000年以上前の紀元前バビロニア文明から栽培されていたことが記録されています。

古代の人々もフラックスシードを珍重し、病気を予防するハーブの一種だと考えられてきました。

米国のネイティブアメリカンは、フラックスシードをTisiやAlsiと呼んで食していました。

オーストラリアの先住民達も、薬のように服用していたことが知られています。

これほどまでに高い効果があるとされてきた理由は、フラックスシードの成分にあります。

体に良いフラックスシードの栄養成分とカロリー

オメガ3脂肪酸

フラックスシードの重さの40%はオメガ3脂肪酸という脂質でできていて、フラックスオイルの原料となります。

このオメガ3脂肪酸はアルファリノレン酸であり、細胞のミトコンドリアを活性化させて代謝を高める作用や、血糖値の上昇を抑える効果血中のコレステロールを下げる作用があります。

これらの作用は、脂肪燃焼させて体重を減らすために効果的です。

②リグナン

リグナン抗酸化作用のある植物ポリフェノールです。

強い活性酸素除去効果を持ち、フラックスシードの含有量は他の植物に比べてトップクラスに多いです。

フラックスシードには、ベータカロチンビタミンEといった他の抗酸化物質も豊富に含まれています。

またリグナンはイソフラボンなどの植物エストロゲンと同じく、体内で女性ホルモンと同じ働きをします。

これらの作用は、老化予防保つのに役立ちます。

③植物性タンパク質

フラックスシードの重さの20%はタンパク質でできていて、当然ですが植物性のタンパク質です。

他の植物に比べて重量比あたりのタンパク質含有量が多く、効率良くアミノ酸を摂取することができます。

体内のアミノ酸濃度を高く維持することは、疲労回復ケガ予防再生力筋肉成長に効果があります。

④ミネラル

フラックスシードには、様々なミネラルが含まれています。

100グラムあたりでは、鉄分5.73mg(1日分の44%)カルシウム255mg(1日分の26%)マグネシウム392mg(1日分の110%)亜鉛4.74mg(1日分の46%)カリウム813mg(1日分の46%)亜鉛4.74mg(1日分の46%)リン642mg(1日分の92%)の量になります。

これらの微量元素は、貧血予防だけではなく、代謝向上ストレス軽減に役立ちます。

⑤食物繊維

フラックスシードの重さの28%は食物繊維です。

他の野菜と比較しても単位重量あたりの食物繊維量は群を抜いています

食物繊維水分を十分に取ることで、血糖値血中コレステロール低下だけではなく、毒素排出によるデトックス効果便秘解消に効果があります。

最後に、フラックスシードのカロリーは生産地によって差がありますが、1gあたり4.5kcal です。

スポンサーリンク

フラックスシードの簡単な食べ方

フラックスシードはすりゴマのように炒ったものを細かく砕くことで、何にでもかけて食べることができます。

簡単なフラックスシードの食べ方としては、

①ゴマの替わりに振りかけることで抗酸化作用をプラス

②バナナや野菜のスムージーに混ぜることでビタミンをプラス

③ヨーグルトやバニラアイスに混ぜることで乳酸菌をプラス

などが、お手軽な方法です。

フラックスシードの香りナッツに近いため、甘いものでも普通の料理でもあわせることができます。

フラックスシードの危険性と注意点

乾燥した生のフラックスシードをそのまま食べない

新鮮なフラックスシードはで食べることもできますが、軽く炒めてから食べることをオススメします。

フラックスシードはゴマと同じく硬い殻に覆われていますので、そのままでは十分に消化することができません。

せっかくのダイエット効果のある栄養素を、しっかりと活用するために砕いてから食べられたほうが良いでしょう。

密閉した容器で冷蔵庫の中に保管する

フラックスシードは不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を多量に含んでいるため、酸化しやすい食べ物です。

外気に触れた状態では、どんどん酸化が進んで悪くなってしまいます。

なるべく新鮮なフラックスシードを入手し、開封後は密閉した入れ物に入れて、冷蔵庫で冷やしておいたほうが良いでしょう。

ソリン(リノーラ)という品種は選んではいけない

フラックスシードは世界中で栽培され、数多くの品種があります。

その中でもオーストラリア産のソリン(リノーラ)という品種のフラックスシードは、食べないことをオススメします。

なぜならソリンは、オメガ3脂肪酸の量が極端に少なくなるように品種改良された特別な種類だからです。

せっかくの大切な栄養成分を削ったものを、あえて購入する必要はありません。

まとめ

この記事では、ダイエットに役立つ多くの成分を含むフラックスシード(亜麻仁)を紹介しました。

このフラックスシードを利用して、私の健康維持とダイエットを始めてみませんか?

フラックスシードは、amazonまたは楽天市場での購入をおすすめします。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ