朝1杯のコーヒーがダイエットを成功させる理由と科学的根拠とは

更新日:

眠気の残る朝に飲むコーヒーは、美味しいだけではなく、体を心をリフレッシュして目覚めさせる効果があります。

苦味の強い、目が冴えるブラックが良いという方は、酸味の強い豆のブレンドを好まれると思います。

コーヒーの酸味や苦味が苦手な方には、ご自宅で牛乳を使ったカフェオレに、焙煎度合いにもこだわった、コクの有るコーヒーブレンドを使うと、酸味と苦味を抑えることもできます。

豆の種類や飲み方など、とても奥が深いコーヒーですが、最新の研究によって、コーヒーには肥満を予防して、ダイエット効果のある成分が含まれていることが明らかになりました。

Reference:Furman D., et al., Nat Med. 2017. Expression of specific inflammasome gene modules stratifies older individuals into two extreme clinical and immunological states.

336固定




コーヒーを飲むと抑えることができる? 病気の原因になる炎症反応の危険性とは

痛みや外見的な腫れ、赤みや熱を伴わない、診断しにくい『慢性炎症』が、最近の予防医学において注目を集めています。

この慢性炎症が発生する原因は不明ですが、細菌やウイルスの感染、精神的なストレス、アレルギー反応によって、免疫系が過剰に反応するのではと考えられています。

体の中で慢性炎症が起こると、脂肪細胞が脂肪を溜め込んで肥満になったり、糖質や脂質のカロリーを消費できずに糖尿病になったり、腸を傷付けて治らない腹痛や下痢・便秘を引き起こしたり、心臓や脳の血管にダメージを加えて心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がることが分かっています。

このように命の危険もある慢性炎症ですが、コーヒーに含まれる『カフェイン』によって抑制できることが、最新の研究によって判明しました。

毎朝1杯、1日最大5杯のコーヒーを摂取すると肥満や糖尿病を予防して死亡率が下がる

カフェインには、脂肪を溶かして燃やしやすくする脂肪燃焼効果や、体温を上げる新陳代謝を高める作用があります。

すでにコーヒーを毎日飲むことで、肥満や心臓病といった生活習慣病のリスクが下がることは、いくつかの研究で判明していましたが、その効果の理由は不明でした。

アメリカのスタンフォード大学(Stanford University)の David Furman 博士らのグループは、健康で長寿命な方の炎症に関わる遺伝子を調査しました。

その結果、病気にならないで長生きしている人たちは、過剰に炎症反応を引き起こす遺伝子が弱いため、免疫によって作られる細胞を傷つけるフリーラジカルの量が少なくなっていることが判明したのです。

なぜ炎症遺伝子が弱まっているのか、それは炎症を予防する化合物テオフィリンとテオブロミンが、血液中に多いためであり、この化合物は、カフェインが体の中で消化代謝されることで生産されます。

実際に寿命の長い実験参加者の方たちは、毎朝コーヒーを飲む習慣を長年続けていたのです。

博士は、多くの人が自主的の飲みたいと思うコーヒーに直接的な利益があることは、病気や加齢と戦う上で、とても役立つことだと考えています。

痩せるコーヒーを習慣にするおすすめの方法とオススメできない代替法とは

美味しいダイエット効果のあるコーヒーは、どんな種類の飲み方が良いのでしょうか。

スターバックスやタリーズで通勤・通学途中に購入することができる、ミルクの入ったラテは、空腹感を抑えて、血糖値を上げすぎないのでオススメです。

また手軽な粉末のインスタントコーヒーよりも、UCC上島珈琲や澤井珈琲、ブルックスやドトールのドリップ式なら、カフェインの量も多く、喫茶店のような美味しいコーヒーを自宅で手軽に入れることができます。

最高の装備として、数万円から数10万円の投資が必要になりますが、ご家庭用のエスプレッソマシンがあれば、美味しいエスプレッソを飲めますし、海外メーカーの製品はデザイン性にも優れているため、おしゃれなインテリアにも適しています。

コーヒーは豆や道具にこだわるほど、奥が深い歴史のある飲み物ですので、ご自分の好みに合った組み合わせを試行錯誤することも楽しめます。

最後に、カフェインを摂取するだけならば、強化カフェインのコーラやエナジードリンク、チョコレートといった食べ物もありますが、含まれている糖分によるカロリーや、保存料などの化学物質が多いため、おすすめできません。

336固定




まとめ

この記事では、毎朝1杯のコーヒーを飲むと、カフェインによって慢性炎症が抑えられて、肥満や糖尿病を予防するダイエット効果があることを紹介しました。

もちろんコーヒーには、脂肪燃焼効果や基礎代謝を上げる作用もあるので、痩せたいときに最適なドリンクだと言えます。

コーヒーは16世紀頃から世界中で愛飲されている飲み物であり、各国で様々な飲み方や、新しいコーヒーが提案されています。

酸味や苦味が苦手な方でも飲みやすいブレンドや入れ方が、web上でもいくつも紹介されています。

ダイエット効果もあり、さらに健康にもなれる美味しいコーヒーを毎朝飲んで、どんどん元気になりましょう。

336固定




336固定




-食とダイエット
-

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.