紅茶は最高のダイエット飲料? 緑茶やウーロン茶、コーヒーとは違う驚きの効果とは

投稿日:

紅茶には、緑茶やウーロン茶、コーヒーよりも高いダイエット効果があることを、ご存知ですか?

やせたいときにオススメな飲み物として、緑茶やウーロン茶、コーヒーが有名ですよね。

これらの飲み物には、体重を減らすのに役に立つ栄養成分が含まれています。

でも実は紅茶には、緑茶やウーロン茶、コーヒーよりも脂肪を落とすのに効果的な栄養成分が含まれていることが、最新の研究で明らかになったのです。

この記事では、なぜ紅茶を飲むと痩せるのか、その理由と紅茶ダイエットのやり方について、紹介します。

336固定




紅茶がダイエットに効かないという嘘の情報は、どこから?

『茶』は、茶樹(チャノキ)の葉や茎を加工して作られる飲み物です。

お茶の葉は、木の枝から積んだ後に乾燥させると、葉に含まれている『酵素』の作用で、『発酵』が起こります。

『緑茶』は、茶葉を蒸すことで酵素を破壊して、発酵させないお茶です。

『ウーロン茶』は、緑色の葉が少し茶色になるくらいまで半発酵させて、ほうじたものです。

『紅茶』は、茶葉が赤褐色になるまで酵素を活かして発酵させるので、完全発酵茶や全発酵茶とも呼ばれます。

この製法の違いから、紅茶は、緑茶やウーロン茶に比べて、痩せる役に立たないと言われてきました。

紅茶は発酵させすぎて栄養がなくなっている?

お茶の葉や茎には、大量の植物性ポリフェノールが含まれています。

抗酸化作用や、脂肪と糖質の吸収を抑える作用がある、タンニンなどのカテキン類。

砂糖などのグルコースの吸収を抑制するテアサポニンやアッサムサポニンなどのサポニン類。

睡眠の質を高める効果や、気分を落ち着かせるリラックス効果のあるテアニンなどです。

これらの植物性ポリフェノールは、生の茶葉に1番多く含まれていて、発酵が進むほど変化します。

発酵が進むと植物性ポリフェノールが変化して、巨大ポリフェノールに合体します。

この巨大ポリフェノールは大きすぎるので、胃や腸の粘膜を通して、血液の中に吸収することができません。

このため紅茶にも多くのポリフェノールが残っているのですが、他のお茶に比べて、ダイエット効果は少ないのでは? と誤解されていたのです。

でも実は、この発酵によって変化した巨大ポリフェノールこそが、体重を減らすために有効であることが判明したのです!

紅茶を飲むと緑茶よりも長い期間痩せる? その秘密はポリフェノールの大きさにあった!

アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、この巨大ポリフェノールが体重減少に与える影響と、その原因について実験を行いました。

Henning SM., et a., Eur J Nutr. 2017. Decaffeinated green and black tea polyphenols decrease weight gain and alter microbiome populations and function in diet-induced obese mice.

研究者らは、マウスを摂取カロリー順に、3つのグループに分けました。

①脂肪の多い食事をする
②脂肪の多い食事と紅茶を飲む
③脂肪の少ない食事をする

4週間(約1か月間)後の体重を測定したところ、①の脂肪の多い食事をしていたマウスが太っていたのに対して、②の高カロリーな食事をして紅茶を飲んだだけのマウスは、③のカロリー制限したマウスと同じくらい痩せていたのです。

なぜ紅茶を飲むだけで、運動をしたわけでもないのに、脂肪を落とすことができたのでしょうか。

巨大ポリフェノールはダイエットに役立つ『腸内細菌』を増やす

この巨大ポリフェノールは、人間が吸収することができないので、腸の中に長い間、とどまっています。

巨大ポリフェノールが腸の中にあると、身体に悪い影響を及ぼす『悪玉菌』を殺菌して、健康に良い『善玉菌』の数が多くなることが、研究者の実験によって明らかになりました。

そして紅茶の巨大ポリフェノールは、体脂肪を増やす『悪玉菌』を減らして、脂肪の吸収を抑えて代謝を高める『善玉菌』を増加させていました。

この効果は、緑茶やウーロン茶、コーヒーのように食事中や食後に飲まなければ働かない、ダイエット作用とは違います。

巨大ポリフェノールは、お腹の中で働き続けるため、あなたの体質を変化させて、どんどん痩せやすい体になっていくのです。

では一体、紅茶ダイエットは、1日にどれくらいの量を飲めば効果があるのでしょうか?

とても簡単で効果を高める紅茶ダイエット注意点とは

紅茶ダイエットで注意しなければならない点は、3つあります。

これを間違えると、かえって体重が増えたり、リバウンドの危険性があります。

① 砂糖やミルクを入れずにストレートティーで飲む

紅茶を飲むときには、砂糖やミルクなどカロリーのあるものを加えずに、ストレートで飲みましょう。

せっかく体重が減るのに、余分なカロリーを接種していては、目標体重に達成するまでに時間がかかってしまいます。

また紅茶ダイエットは、腸内細菌を整える腸活を利用するものなので、善玉菌に悪影響がある合成甘味料は、ゼロカロリーでも使わないようにしてください。

② 1日カップ3杯を目安に飲みすぎに注意

実は紅茶は、緑茶やウーロン茶よりも多くのカフェインが含まれています。

適度な量のカフェイン摂取は、脂肪の燃焼や体温の上昇、利尿作用によるむくみ取りなど、ダイエットに有効です。

しかしカフェインのとりすぎは、寝不足やストレスの増加による過食、水分バランスが崩れることによる腫れなど、太るだけではなく健康にも害があります。

200mlカップ3杯、もしくは500ミリのペットボトル1本くらいに制限することを、オススメします。

③ 生姜やはちみつ、リンゴは少な目にしましょう

冷え性を緩和する生姜(しょうが)や、ビタミンとミネラルを豊富に含むハチミツ、ポリフェノールが染み出すリンゴは、紅茶に加える定番です。

これらの品物には、確かにダイエットに役立つ栄養成分が含まれています。

でも同時に、カロリーや余分な成分も、食べてしまうことになります。

紅茶ダイエットに取り組む時には、変なアレンジをしないで、純粋な紅茶の風味を楽しんだ方が良いでしょう。

では紅茶ダイエットにオススメな紅茶には、どんなものがあるのでしょうか?

336固定




紅茶ダイエットに良いプレゼントにもオススメな高級紅茶ベスト3とは

紅茶は、ヨーロッパ、特にイギリス人は世界一紅茶を飲む国民です。

イギリスでは、朝昼晩の食事の時だけではなく、朝起きた直後の起床時にベッドの上で、午前と午後に休憩するおやつの時間にも紅茶を楽しみます。

英語で紅茶は、ブラックティー(black tea)と呼ばれ、長い歴史の中で文化と共に洗練されてきました。

今回は、イギリスの等級(リーフグレード)の中でも最上級な、紅茶ブランドを3つ紹介します。

FORTNUM & MASON(フォートナム・アンド・メイソン)

フォートナム・アンド・メイソンは、300年以上前の1707年、英国が誕生した年に始まったお店です。

イギリス王室と貴族からの絶大な人気を誇り、王室御用達(ロイヤルワラント)の認定も受けています。

イギリスの長い伝統にあった、クラシカルで優雅な味わい、そして上品な香りが、このブランドの特徴です。

TAYLORS OF HARROGATE(テイラーズ・オブ・ハロゲイト)

テイラーズ・オブ・ハロゲイトは、1886年に誕生した、100年以上の歴史のあるブランドです。

ハロゲイトは町の名前で、温泉の街としても有名で、16世紀から王族や貴族、有名人の保養地として人気があります。

このブランドは、世界中から最高級の茶葉を集めたオリジナルブレンド紅茶が有名で、数々の賞に輝いています。

MACKWOODS(マックウッズ)

マックウッズは、1841年創業の、伝統と革新の技術に基づいた品質の高い紅茶で有名です。

茶葉の栽培から生育、発酵加工もすべて自社で行うことで、創業以来変わらない高品質を維持しています。

世界中の紅茶愛好家を満足させる、一つの茶園から作られる雑味のない純粋な紅茶(シングルエステイト)が、このブランドの特徴です。

まとめ

この記事では、紅茶の巨大ポリフェノールが善玉細菌を増やすことで、緑茶よりもダイエット効果が高いという研究を紹介しました。

紅茶ダイエットは、飲みすぎや飲み方に注意すれば、食事制限や運動する必要のない、手軽に始められるダイエット方法です。

そして歴史と伝統に支えられた高級ブランド紅茶は、あなたの外見だけでなく、内面も優雅に変えてくれることでしょう。

ぜい肉という美しくない服を脱いで、綺麗なドレスを着こなす淑女になるために、紅茶ダイエットを始めてみませんか?

336固定




336固定




-食とダイエット
-,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.