天然のダイエットサプリ?アボカドで痩せる3つの理由とは

ぜひシェアボタンを押してください!

美味しいアボカド、食べていますか?

アボカドは、皮をむけば生でもすぐに食べられる食材です。

レシピもとても簡単で、四角に切ったアボカドの実を、低カロリーなトマトやお豆腐、湯通しした豚肉にあえて、軽くドレッシングやオリーブオイル、ゴマ油やお醤油をたらせば、それだけで美味しいサラダのできあがりです。

こんな便利なアボカドですが、普通の野菜と比べるとカロリーが高めなので、ダイエットには不向きだと誤解されています。

この記事では、なぜアボカドを食べると痩せるのか、最新の研究で明らかになった、3つの理由をご紹介します。

Reference:Tabeshpour J., et al., Phytother Res. 2017. Effects of Avocado (Persesa americana) on Metabolic Syndrome: A Comprehensive Systematic Review.

スポンサーリンク

脂肪を分解?ハーブサプリメントとしてのアボカドとは

アボカドは、1食分(2分の1個)で100 kcal 近いカロリー量があります。

しかし、そのカロリーになる植物性油脂は、ほとんどが健康によい不飽和脂肪酸ですので、動物性の油のように体脂肪になったりする心配はありません。

また有効成分として、植物性ポリフェノールであり抗酸化物質でもあるカロテノイド色素、ミネラル類のカリウムやマグネシウム、亜鉛やマンガン、ビタミンB類やビタミンCを豊富に含んでいます。

これらの成分量は、健康に良いとされているハーブディーよりもはるかに多く、また化学合成されたサプリメントよりも複雑な栄養比率を構成しています。

このためアボカドは、ハーブサプリメントを置き換える効果があると、アメリカやヨーロッパで話題になっています。

でも実際のところ、アボカドには本当にダイエット作用があるのでしょうか。

アボカドは脂肪の吸収を抑え、脂肪を分解して、脂肪を燃やす効果がある

イランのマシュハド大学(Mashhad University)の Hossein Zadeh 教授らのグループは、アボカドを食べることで、体の中でどのような変化が起こるのか調査を行いました。

教授らはアボカドと痩身効果について実験した研究のデータを集めて、分析を行いました。

その結果、アボカドを食事と一緒に食べると、脂肪の吸収が抑えられて、食後のLDLコレステロール値が低下することが判明しました。

さらに、アボカドを食べると脂肪の異化反応を起こす酵素が活性化するため、脂肪の分解が促進されることがわかりました。

そして、アボカドを食べて運動をすると、アボカドを食べていない場合と比較して、脂肪が燃えやすくなり、体脂肪が減少してBMIが下がっていたのです。

これらのアボカドの脂肪吸収抑制、脂肪分解、脂肪燃焼促進作用は、アボカドに含まれている有効成分の相乗効果によるものだと考えられます。

アボカドは、1種類のダイエット成分しか含んでいないダイエットサプリメントよりも、はるかに高い効果を発揮するもので、先進国の主要な死亡原因の一つである糖尿病予防のために、摂取量を増やすべきだと、教授らは報告しています。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、簡単に料理の材料として使えるアボカドの優れたダイエット作用について紹介しました。

アボカドは高カロリーな食材ですが、この植物性油脂の中に、内臓脂肪がつくメタボリックシンドロームを予防できる、カロリーの高さを上回る、様々な有効成分が含まれています。

その効果は、一緒に食べた脂肪の吸収を抑えて、体についている体脂肪を分解して、運動による体脂肪の燃焼効率を上げることができます。

カロリーが高いから、ダイエット時には食べないほうが良いと誤解されているアボカドですが、実はとてもダイエット向きな野菜なのです。

美味しいアボカドレシピを食事に追加して、ダイエットを成功させましょう。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ