脂質異常症の診断基準、原因、薬や食事、運動による治療方法とは

ぜひシェアボタンを押してください!

脂質異常症

血液の中に含まれている脂質が過剰になっている、もしくは非常に少なくなっている病態を、脂質異常症(dyslipidemia)と言います。

2007年までは高脂血症と呼ばれていましたが、善玉(HDL)コレステロールが低下していることも問題であるため、血中の脂質量が通常とは異なるという意味で脂質異常症と呼称されるようになりました。

脂質異常症を適切な治療をせずに放置すると、動脈硬化の原因となり、死亡原因の上位である心疾患と脳血管疾患になる危険性が高まります。

この記事では、適切に対処しておかないと死の危険性すらある脂質異常症とは何かを説明します。
[ad#ad-11]

スポンサーリンク

ガイドラインによる脂質異常症の診断基準とは

日本動脈硬化学会(編): 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版. 日本動脈硬化学会, 2012 によると、

LDLコレステロール:120mg/dl 以上は、高LDLコレステロール血症

HDLコレステロール:40mg/dl 未満は、低HDLコレステロール血症

トリグリセライド(中性脂肪):150mg/dl 以上は、高トリグリセライド血症

の基準値を超えた場合、脂質異常症と診断されます。

この検査は、12時間以上の絶食の後に採血をして血中の脂質量を測定するという簡単なものです。

一般的な健康診断などでも実施されている検査であるため、見つけやすい病気です。

脂質異常症の原因は生活習慣と家族性の2つに分かれる

脂質は体を形作る細胞の材料となったり、細胞間の信号であるホルモンの材料となったり、活動する際のエネルギー源になったりする生命に不可欠な物質です。

このため体内を循環する血液中には、常に一定量の脂質が溶け込んでいます。

この脂質の量が基準の範囲を超えている状態が脂質異常症です。

脂質異常症の原因として、①脂質や糖質の過剰摂取や運動不足などの生活習慣の乱れに由来するもの、と②遺伝性の脂質代謝異常による家族性のものがあります。

脂質異常症を発症した原因が①か②かによって、その後の治療方法は大きく異なります。

スポンサーリンク

脂質異常症の食事、運動療法、薬による治療とは

生活習慣の乱れによって発症した脂質異常症の場合、まずは食事と運動療法によって血中の脂質を減らすことが試されます。

LDLコレステロールが高い場合は、脂分の摂取を控えましょう。

トリグリセライド(中性脂肪)が高い場合は、炭水化物の量を減らす必要があります。

運動は適度な有酸素運動を行うことが効果的であり、過剰なトレーニングは不要です。

それでも脂質値が改善しない場合や、家族性の脂質異常症の場合は、投薬による治療が試みられます。

脂質降下薬の効果は劇的ですが、値が安定したからと飲むのをやめてしまうと、たちまち元の脂質量に戻ってしまいます。

根本的な脂質異常症の回復には、ダイエットによる体重の減少(数キログラムでも十分)と食生活、日常生活の改善が有効です。

まとめ

この記事では、血中の脂質量が通常範囲を超えてしまっている脂質異常症について説明しました。

日本人の3人に1人は、コレステロール値が高いとされているため、普段の生活から予防することが大切ですが、脂質異常症は急性の膵炎や腎炎を発症しない限り自覚症状はほとんどありません。

このため異常な検査結果や医師の診断を受けても、具体的な治療行動をとらない方が多いのです。

しかし脂質異常症をそのままにしておくと動脈硬化を進行させ、死亡率の高い危険な心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因にもなりかねません。

生活習慣に由来する脂質異常症は、カロリー制限による食事療法と有酸素運動による運動療法の継続によって病院に行かなくても十分に治療することが可能です。

健康的な生活を取り戻して、脂質異常症を改善しましょう。

【下の関連記事と新着記事もいかがですか?】

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ