いくら食べても満腹にならない?価格の安い食事は満足感も安い

ぜひシェアボタンを押してください!

食べ放題
おいしい料理を食べることは、豊富な栄養によって体が満たされるだけではなく心も豊かになります。

ダイエットをしているときに、がんばっている報酬としてたまに高級な料理を食べることは、減量のストレスを解消してダイエットを継続することに役立ちます。

このとき、その満足感が料理の値段によって決まっているとしたら、どう思われますか?

この記事では、料理を食べたときの心理的影響を、価格の面から評価した研究について紹介します。

スポンサーリンク

値段が高いと料理を美味しいと感じる

米国コーネル大学応用経済学・経営学の Brian Wansink 教授らの研究によると、同じ料理を食べても値段によって受ける印象が変わるとのことです。

教授はニューヨークのイタリアンレストランの協力の下、食べ放題(All-you-can-eat buffet)に139人の参加者を集めました。

参加者を半分に分け、片方のグループには「料金は8ドルです」と説明し、もう片方には「料金は4ドルです」と伝えました。

そして食事の前、間、後に料理とレストランについての感想を9点満点で評価してもらいました。

その結果、高い値段と説明された人たちは安い値段と説明された人たちよりも、平均11%も料理を高く評価していました。

2つのグループが同じ量の食事を食べていたにもかかわらずです。

値段が安いと料理をまずく感じて食べたくなくなる

安い値段と説明された人たちは、食事が進むにつれて不満が増していきました。

「少し食べ過ぎた」「こんなに食べて良いのかな」「おいしくない」など否定的な印象が強まっていったのです。

共同研究者の Ozge Sigirci 氏によると、「この明確な結果に驚いている。料理の値段は食事とレストランの評価に影響している。」とのことです。

Wansink 教授は、「満足感を得るためには、できるだけ高い食事をしたほうが良いでしょう。」とも述べています。

レストランのオーナーたちに対して「料理とお店の印象を良くしたいのであれば、料理の値段は考えるべきです。」とアドバイスしています。

スポンサーリンク

小さなお皿で食べると満腹になる

Wansink 教授たちは、この他にも小さな変化が食事の印象に与える影響について研究を行っています。

小さなお皿で食事をすることや、最初に健康的に見える料理を食べることなどの小さな変化を加えることで、減量しなくても良い食生活を作れるとも述べています。

まとめ

従来の研究では、ヒトは自分の好きな食べ物と嫌いな食べ物を味によって判断することができると考えられてきました。

しかし料理の値段の差によって簡単に印象が変わってしまうことが、この研究によって示されました。

せっかく食事をするのであれば、楽しく食事をしたいですね。

幸福のために、たまには贅沢してみても良いのではないでしょうか。

この記事が、少しでもあなたのダイエットのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ