ダイエットにボルダリングをおすすめする3つの心理的効果

更新日:

ボルダリング
ボルダリングというスポーツをご存知でしょうか?

ボルダリングは自分の筋肉と必要最小限の道具(シューズとチョーク)だけを使って、壁や岩を登るスポーツです。

この記事では、ダイエットにボルダリングをおすすめする3つの心理的効果について説明します。

[photo credit: schoeband via photopin cc]

336固定




元々は他競技の練習方法から始まったスポーツ

ボルダリングは、元々は岩山を登る競技であるロッククライミングの練習方法から始まったとされています。

ロープや器具を使って登るロッククライミングとは異なり、岩や壁のでっぱりをつかみやすくするために使うシューズとチョークのみを使用して登ります。

シューズとチョークは専用のものが必要ですが、ボーリングのレンタルシューズのように施設で借りることができます。

つまり経験のない女子でも、すぐにはじめることができます。

また壁を登るということで危険ではないかと思われるかもしれません。

ボルダリングを行う場所には、ボルダリングマットと呼ばれる衝撃吸収マットを登る場所の下に敷くことになっています。

これにより安全性を確保しています。

意外と近くにある屋内ボルダリングジム

ボルダリングを行うクライミングジムは意外と近くにあったりします。

最初のクライミングジムがアメリカにできたのは1987年のこと。

以来、自然の岩山を登ることの環境破壊への懸念もあり、室内で行うボルダリング施設は増え続けています。

天候に左右されず、簡単に行けて、管理者も居る安全性の高さも人気の理由に挙げられます。

それらの施設では、コンクリートや木製の頑丈な壁に岩を模したプラスチックのでっぱりが取り付けられています。

これに手でつかまりバランスを取りながら足を乗せて登っていきます。

クライミングジムでは、どの順番ででっぱりをつかんでいくのか足を乗せるのかが色や形で分かりやすく決められています。

それは同じ壁でも登る難易度を変えるためです。

詳しくは店員の方に聞いてみてください。

ボルダリングの基本的なテクニック

ボルダリングをしている写真や映像を見ると、自分の体を持ち上げることのできる強い腕の筋肉が必要だと思われるかもしれません。

しかし腕の筋肉は基本的に体のバランスを崩さないために使用します。

自分の体を持ち上げるのは足の筋肉の力です。

腕は可能な限りまっすぐに伸ばしてでっぱりをつかみます。

これで重力を骨で受け止めて筋肉の疲労を抑えることができます。

登る順序は、まず手ででっぱりをつかんでから足を乗せましょう。

手で体を持ち上げるのではなく足で体を持ち上げていきましょう。

手を使って懸垂のように登っていこうとすると、すぐに疲労してしまいます。

336固定




ボルダリングをするときの2つの注意点

注意点①:登っている人の下には行かない

登っている人の下には移動せず、居ないようにしましょう。

何かの拍子に登っている人が落下することがあります。

マットが敷いてあるため落下しても安全なのですが、下に人が居ると衝撃を吸収することができません

注意点②:登るルートは譲り合いの精神で

登っているルートが他の人と重なることがあります。

無理に先に登ろうとせずに譲り合いの精神をこころがけましょう。

余計なトラブルはケガにつながる危険性があります。

ボルダリングをダイエットにおすすめるす3つの心理的効果

①目標が目の前にある

ダイエットをする際に問題となるのが、目標をどこに置くかです。

遠すぎる目標だと、たどり着く前に諦めてしまいます。

その点、ボルダリングの目標は明確です。

見上げた壁の頂上まで登ればゴールなのですから。

すぐ目の前にあって、なおかつ到達可能な難易度にある。

ダイエットをする際の理想的な目標の一つなのではないでしょうか。

②ルート攻略を楽しめる

ダイエットを続けるときの心理的問題として、同じことの繰り返しでは飽きてしまうということがあります。

ずっと同じ方法の繰り返しでは脳にも刺激が増えず、やる気が減っていってしまいます。

ボルダリングでは難易度が高まるに従って、登るルートを自分自身で考えなければなりません。

最初は簡単は決められたルートでしか登ることができなかったのに、だんだん複雑で難しいルートも登れるようになる。

それによりルートを攻略したことによる達成感も得ることができます。

達成感という報酬を少しずつ繰り返し得られることはダイエットの継続に有効です。

③体重を減らすモチベーションにつながる

ボルダリングをするボルダラーの方は、基本的にやせています。

それはボルダリングが全身の筋肉を使うスポーツであるというだけではありません。

やせている方がボルダリングに有利だからです。

重力に逆らって体を持ち上げていくためには、少しでも体重を軽くした方が疲労を減らせます。

そのためボルダリングにはまると、それ自体がダイエットをするモチベーションにつながるのです。

この相乗効果によって、さらなるダイエット効果が期待できます。

まとめ

ボルダリングはインナーマッスルと呼ばれる体幹の筋肉を使う筋肉トレーニングと全身の筋肉を使う有酸素運動の要素を併せ持っています。

さらにダイエットに役立つ心理的効果として、

①目標が目の前にある

②ルート攻略を楽しめる

③体重を減らすモチベーションにつながる

の3点が挙げられます。

最近ではいろいろな場所にボルダリングのできる施設が作られていて、女性でも気軽にはじめることができます。

ボルダリングで私のダイエットをはじめてみませんか?

336固定




336固定




-体とダイエット, 心とダイエット
-,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.