間違い?ダイエットのウォーキングに必要な歩き方とは

ぜひシェアボタンを押してください!

photo credit: Sangudo via photopin cc
皆さんは、普段の生活の中でどのくらい歩いていますか?

歩くことはカロリー消費だけではなく、体の中でも大きな足の筋肉を有効に使うことにより血流を改善し、代謝を上げる効果があります。

この記事では、ダイエットを始めるためのウォーキングと題して、ダイエットの初期に役立つウォーキングの利点とその方法を紹介します。

[photo credit: Sangudo via photopin cc]

スポンサーリンク

歩き始めることで得られるメリット

全身の筋肉が鍛えられる

ウォーキングを行うことで、全身の筋肉がバランスよく鍛えられます。

体の一部分の筋肉だけが鍛えられるのではないため、体におかしな負担もかからず、自然と姿勢がよくなっていきます。

代謝が上がる

全身の筋肉が鍛えられ、きれいな姿勢を普段からとれるようになると代謝が上がっていきます。

これは全身の筋肉が自然に鍛えられることで、体のバランスが整い、体内の血流が改善していくことによります。

代謝が上がれば、何もしなくてもカロリー消費量が増加し脂肪が燃焼していくことによって、ダイエット効果が現れてきます。

では、どのようにウォーキングをすればよいのでしょうか。

大切な3つの準備

歩きやすい靴を用意する

ウォーキングを始める前に、歩きやすい靴を用意しましょう。

ウォーキング専用でなくてもかまいませんが、歩いているときに脱げたり、靴ずれにならないように足にフィットした靴が必須です。

後から紹介しますが、ウォーキングは大きな歩幅で歩くため、足にあった靴をおすすめします。

歩きやすい服を用意する

ウォーキングを始める前に、歩きやすい服も用意しましょう。

足と足がふれる太ももや股、腕と体がふれる脇、服の口と皮膚がふれる首まわりや手首・足首が、フィットしてこすれない服が望ましいです。

これも、ウォーキングは大きな歩幅と大きく腕をふって歩くため、余裕がありやわらかい服をおすすめします。

準備運動をしっかりする

ウォーキングといっても、準備運動は大切です。

首、足首、手首を回して、関節をほぐしておきましょう。

踵、肩、股、腰といった大きな部分は、ゆっくりとしたストレッチをしておくと、ケガの予防にもなります。

それでは、ウォーキングを始めましょう。

スポンサーリンク

歩くときの大切な心構え

背筋をしっかりと伸ばしましょう

普段歩くときに、皆さんは体の中心を意識されていますか?

背筋をまっすぐに伸ばし、「背骨に金属の棒が入っているように」もしくは、「頭のてっぺんを糸でぶらさげられている操り人形のように」

この感覚を意識して歩くことで、自然に体幹を鍛えることができます。

足は大きく踏み出しましょう

大きな歩幅で歩くことで、体のバランスを保つ筋肉が鍛えられます。

最初から無理に大きく歩く必要はありませんが、なれてきたら少しずつ歩幅を大きくしてみてはいかがでしょうか。

手を大きく振りましょう

手を大きく振ることで、これも体のバランスを保つための筋肉が鍛えられます。

鍛えにくい上半身の筋肉も、しっかりと鍛えていくことができます。

急いで腕を振ると、歩く速度も早くなってしまうため、自然な動きを心がけます。

まとめ

ウォーキングは、自然なペースで自然な体型を得ることができる ダイエット方法です。

十分な効果を得るためにも、しっかりとした準備をして、歩き方を習得しましょう。

この記事が、少しでもあなたのダイエットのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ