1日で成功!夏にたまった脂肪を減らすには入浴、運動、ファスティングの工夫が必要

更新日:

夏ダイエット

暑い夏に増えたのは、紫外線による日焼けだけではありません。

クーラーの効いた冷たい室内と、照りつける太陽で灼熱の屋外との気温差は、知らず知らずのうちにあなたの体に抜けない疲労を蓄積させています。

さらに急激な温度変化は、あなたの自律神経を乱して代謝を低下させ、太りやすい体質に変えてしまっています。

暑さを解消するために飲んだ冷えたジュースや炭酸飲料、食べた冷たいアイスクリームやスイーツ類は、気づかないうちにお腹まわりの脂肪となっていませんか?

秋が近づいて気候が涼しくなってくると着る服も増えていくため、体型の変化に注目しにくくなっていきます。

今年の夏太りは、食欲の秋、そして厚着になる冬になる前に解消しておかないと、そのまま定着してします。

この夏の脂肪をダイエットするためには、体質を改善して、体を活性化させる必要があります。

体質改善なんて、長い時間と手間がかかると心配されるかもしれませんが、1日あれば十分な効果を得ることができる3つの方法を紹介します。

photo credit: Drops of Jupiter in Her Hair via photopin (license)
[ad#ad-11]

336固定




熱いお風呂に入って副交感神経を活性化させよう

毎日ゆっくりお風呂に入る時間なんてないというかたでも、1日だけお湯に5分間浸かることはできると思います。

寒すぎる冷房や冷たい食べ物、飲み物で冷やされたあなたの体を回復させるには、熱いお風呂に入ることです。

熱いお湯に肩まで浸かることで、全身の血管が広がり、閉じていた汗腺も開きます。

また弱っていた副交感神経も活性化されるため、代謝のアップだけではなく、疲労の回復効果もあります。

ただし熱いお風呂にはいる時の注意点として、次の2点を必ず守ってください。

①42℃以下のお湯をためる

②5分以上は、はいらない

美容に良いとして42度を超える温度のお風呂に入る方法が流行していますが、高過ぎるお湯は血管を収縮させてしまいます。

また皮膚にもダメージを与えてしまうため、正しい温度管理をすることが必要です。

また長すぎる入浴も問題です。

長時間の入浴は、体内の水分とミネラルが出てしまうため、健康にも良くありません。

入浴中にマッサージを組み合わせることで、体を活性化させるだけではなく、老廃物のデトックス効果も得られますのでオススメです。

運動で汗をかいて自律神経を回復させよう

運動すると余計に疲れてしまうと思われるかもしれませんが、体を動かすことで脳神経活動は活発になることがわかっています。

また筋肉を使用した運動性の疲労は、体の回復能力を呼び覚まして、疲労回復力を高めることができます。

結果として、運動をすることで疲れを解消して、脂肪を消費しやすい体質に変えることができるのです。

体質改善のためには、1日だけ15分運動すれば十分な効果を得ることができます。

冷えて閉じていた汗腺を開いて、自律神経を回復させるためには、汗をしっかりと出すことのできる運動をする必要があります。

ジョギング、水泳、自転車など、短時間で筋肉にある程度の負荷をかけることができる運動がオススメです。

これらの運動は事前に体づくりができていないと、筋肉痛や怪我の危険性があります。

普段の運動に慣れていないという方には、ホットヨガなど暑い環境で汗をかける運動を選択されたほうがよいでしょう。

もちろんトレーニング前後の水分補給や準備運動、クールダウンをサボらないようにしましょう。

1日ファスティングで食欲を抑えて代謝を回復させよう

お風呂にはいるのも、運動するのも気が進まないという方は、1日ファスティングを試されてはいかがでしょうか。

1日ファスティングとは、カロリーを含まない水分以外を摂取しないこと、簡単に言えば断食です。

長期間の絶食は体の飢餓本能を呼び起こし、痩せにくい体質になってしまいますが、短期間のカロリーカットは、体の生存本能を回復させるためダイエットに効果的です。

1日だけファスティングすることで、脂肪の燃焼効率が高まり、また食欲も消えて翌日から食事量を減らしやすくなります。

朝から何も食べないことでも効果がありますが、軽い朝食だけ食べたほうが一旦体温を上昇させることができるため、より効果を高めることができます。

貧血気味で極端なエネルギーカットに不安がある方は、ビタミンやミネラルのサプリメント補給も組み合わされたほうがよいでしょう。

336固定




まとめ

この記事では、夏の間に蓄積された脂肪を秋になる前に減らしておく方法として、1日でできる3つの体質改善方法を紹介しました。

クーラーや冷たい飲み物によって冷やされ続けた体は、気づかないうちに弱ってしまっています。

入浴、運動、ファスティングという刺激を体に与えることで、体を活性化させて回復の糸口をつかむことができるのです。

夏も終わり、体重計に乗ってみて危険だと思われた方は、体質改善に挑戦することをオススメします。

【下の関連記事と新着記事もいかがですか?】

336固定




336固定




-体とダイエット
-, ,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.