スキーで痩せる!消費カロリーとMETとダイエット効果とは

ぜひシェアボタンを押してください!

スキーダイエット

冬のウインタースポーツの代表と言えば、今でもスキー(skiing)が1番に挙げられます。

少しずつスノーボードの人気が増えてきていますが、競技人口や経験者の人数なら、まだまだスキーは負けてはいません。

そんなスキーですが、実はジョギングよりも効率良くやせることのできるダイエットに適したスポーツだということをご存知ですか?

この記事では、なぜスキーが脂肪燃焼に効くのか、痩せられるのかを説明していきます。
photo credit: Skoki Lodge (70 of 103) via photopin (license)

スポンサーリンク

意外と高いスキーの消費カロリーと運動強度(メッツ:METS)

スキーは、リフトで山頂まで運んでもらうし、スキー板をはいて滑って降りてくるだけ。

だから、そんなにエネルギーを使わないと誤解されている方とも多いと思います。

スキーを1時間行った場合の消費カロリーは、体重60キログラムの場合、約500kcal にもなります。

これは8キロメートルジョギングするのと、ほぼ同じだけのエネルギーです。

人間の活動レベルを表す運動強度(METS)も、スキーはジョギングや水泳に近い7.0メッツであり、かなりハードな運動であることが科学的にも証明されています。

さらにフルマラソンに参加でもしない限り、1時間以上続けてランニングし続ける方は、少ないのではないでしょうか。

スキーの場合、朝にスキー場についてから、ゲレンデを楽しんで、食事や休憩をはさみつつ、丸一日過ごすということが一般的だと思います。

合計で3時間滑ったら、1500キロカロリーも消費できますし、6時間滑ったとしたら、3000キロカロリー(脂肪約450グラム分)も脂肪を燃やすことができるのです。

こんなにも長い時間、普通の運動を行い続けることは難しいのですが、スキーの場合、気分も興奮するため疲れもなく滑り続けることができます。

そのためトータルの消費カロリーは、とても大きなものになるため、体を動かしにくくなる冬にオススメのダイエット運動なのです。

スキーで使う筋肉は基礎代謝やお腹周り太ももの引き締めに効果的

そしてスキーは両足をブーツで固定しているため、普段の姿勢よりもバランスをとることが難しくなります。

そのため、いつも使っていない筋肉、特に体幹周囲の筋肉(お腹の腹筋群:腹直筋、脇腹の筋肉:腹斜筋、腰の筋肉:脊柱起立筋)を効率良く使って鍛えることができるため、基礎代謝を向上させることはもちろん、たるんだお腹周りを引き締めて細くするのに効果的です。

さらに足の筋肉(太ももの大腿四頭筋、ふくらはぎの下腿三頭筋、お尻の中殿筋)をバランスを保つために多く使用するので、ジョギングや筋肉トレーニングのように過度に太くならず、引き締まったスリムな足を作り上げることができるのです。

またスキーの上達には体の柔軟性も欠かせないため、スキーをすべることによって硬い筋肉ではなく、バランス感覚に優れた、弾力のあるしなやかな体に自然に成長させることが可能です。

スポンサーリンク

雪山の寒い温度は脂肪を燃やし薄い空気はカロリーを消費させる

雪山に登れば、当然のことながら温度は下がりますし、周りは氷と同じ0度の雪だらけです。

1000メートル級のスキー場に行っただけでも、平地に比べて温度は6℃低下します。

人間の体は体温を保つために多くのエネルギーを使用しており、外気温が低ければ、それだけで何もしなくても消費カロリーが上昇します。

また山の上では空気も薄くなるため、自然と呼吸回数が多くなるので、肺を動かす横隔膜の振動も大きくなります。

これによって腹式呼吸をしているかのように、お腹の筋肉が知らないうちに鍛えられて、カロリーが使われていくのです。

スキー初心者は服装に注意!ボディアーマーもオススメ

スキーは寒い雪山で行う運動であるため、時には零下の環境下になることもあります。

そのため特に初心者の方は、体にあった体温を保つことのできるスキーウェアやグローブを準備することをオススメします。

転んだときのためや、スノーボーダーとの接触によって怪我をすることもありますので、衝撃を吸収してくれるボディアーマーを身に付けることもオススメです。

ショップで購入するにしても、レンタルするにしても、必ず試着してご自身の体型にフィットしたものを選ばれたほうが良いでしょう。

スキーの後はプロテインや温泉で筋肉を回復させましょう

最後にスキーを行った後は、必ず酷使した筋肉を休ませてあげることが大切です。

傷ついた筋肉の材料となるプロテインやアミノ酸を補給したり、肉料理を食べてたんぱく質を補給しておくことが必要です。

これによって効率良く筋肉を鍛えることができますし、筋肉痛を予防することもできます。

また温かい温泉やマッサージを受けることで、体内の血流を活性化させておくことも、疲労回復と筋肉増強に効果的です。

スキーのあとは、温泉施設に寄られるか、宿泊して体を休めることをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、なぜダイエットにスキーが効果的なのか、様々な角度から分析を行いました。

スキーはジョギングに負けない強度の運動であり、1日の消費カロリーもとても大きな運動です。

普段使わない筋肉を鍛えることもできるため、腹部や足痩せにも効果があります。

さらに雪山の寒い環境は、ただ居るだけでもエネルギーを使う、やせるために適した場所です。

そのような過酷な環境で行うスポーツであるため、道具や服装は体にあったものを選ばれたほうが良いでしょう。

そしてスキーのあとは、タンパク質を十分に補給して、温泉で休養をとることで、筋肉痛になることなく、運動を無駄にすることもありません。

この冬から春にかけての間、スキーダイエットに挑戦してみることをオススメします。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ