効果的に体重を落とすためにはジョギングを週に何回行ったら良いのか

更新日:

photo credit: Ed Yourdon via photopin cc
皆さんはダイエットのためにジョギングをされていますか?

それとも、これからダイエットのためにジョギングを始めてみようかと考えているところでしょうか?

この記事では、ダイエットのためにジョギングを行う場合、週に何回または何日おきにジョギングをするのが最も減量の効果が高いのかについて、紹介していきます。

[photo credit: Ed Yourdon via photopin cc]

336固定




ダイエットためにジョギングを毎日するのは間違い

体重を減らすためにジョギングを始めようとするとき、あなたはどのくらいの頻度で走ろうと思いますか?

「ダイエットのためには運動しないといけない。だったら毎日ジョギングすれば、どんどん体重が減るに違いない。よーし、これから雨の日も風の日も走りまくるぞ !!」

体重を減らそうと思い立ち、その方法としてジョギングを選択すると、どうしても毎日走ろうと思ってしまいがちです。

運動すればカロリーを消費する。カロリーを消費すればやせるに違いない。だから毎日ジョギングすれば良いはずだと考えてしまうのです。

しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。それは、ジョギングによって筋肉が傷ついていくということです。

ジョギングは筋肉にダメージを与えるため十分な休息期間をとらなければならない

ダイエットに効果的なジョギングの始め方でも紹介したように、ジョギングは体に大きな負荷をかけます。これまであまり運動をしてこなかったのに、ダイエットのために急にジョギングを始めたときなどはなおさらです。

では具体的には何日おきにジョギングをするべきなのでしょうか。

運動開始初期においては、筋肉の回復タイミングに合わせることが最も重要です。

筋肉の回復タイミングにあわせるためジョギングは2日または3日おきに行うべき

個人差や行った運動強度にもよりますが、運動をして傷ついた筋肉は48時間から72時間(2日から3日)で回復するとされています。

発生原因は未だに解明されていませんが、この筋肉の回復タイミングを知らせてくれるのが筋肉痛なのです。

筋肉痛がある状態で、ジョギングを行ってはいけません。

最初にジョギングを始めた次の日には、筋肉痛があると思います。この筋肉痛が引いたら、走ってもいい合図です。筋肉痛が無くなるまでは、しっかりと休養をとりましょう。

ジョギングの翌日でも筋肉痛がないようでしたら、体がこの運動強度に慣れてきた証拠ですから、毎日走っても構いません。

もし筋肉痛のある状態でジョギングを続ければ、体がジョギングのダメージから回復できず、筋肉痛が長引いたり、最悪の場合ケガをしてしまうことになりかねません。

ダイエットは、まず継続が大切です。

少しずつダイエットに適した体を作り上げることが、結果的に望ましい成果を得ることになるのです。

 

Dr. Doo の ダイエット講座では、ダイエットに関係する様々な事柄について、可能な限り科学的根拠と医学的根拠に基づいた説明を付け加えた上で、皆さんにご紹介していきたいと考えています。

この記事が、少しでもあなたのダイエットのお役に立てれば幸いです。

さあダイエットを始めましょう。

336固定




336固定




-体とダイエット
-,

Copyright© Dr. Doo の ダイエット講座 , 2017 All Rights Reserved.