夜に目が痛いのは脂のせい?目を開けられない激痛を予防する方法とは

ぜひシェアボタンを押してください!

目痛い

夜遅くまでパソコンを使って働いていたら目に痛みが走った。

深夜までスマホで遊んでいたら目を開けられなくなった。

こんな症状を感じたことはありませんか?

ゲーム機を含む液晶ディスプレイ機器を長時間使用していると目が疲労してきて、目のかすみやしょぼしょぼとした不快感があらわれてきます。

これらの症状をブルーライトなどの光を見続けることや、目を長時間酷使することによる眼精疲労による痛みだと勘違いしてはいませんか?

この記事では、夜に目が開かないほどの痛みが顔の皮脂によって起こることと、それを予防する方法を紹介します。

スポンサーリンク

表皮を守る脂は酸化すると有害な過酸化皮脂に変わる

皮膚は皮脂腺や皮膚表面から分泌される脂(皮脂)によって保護されています。

この皮脂が表皮に薄くはっていることで、皮膚の乾燥や細菌の感染、表皮の障害を防いでいるのです。

しかし体外に分泌された脂は5~6時間経つと徐々に酸化して、様々な害のある過酸化皮脂に変化します。

過酸化皮脂は、毛穴を詰まらせて角栓にしたり、悪臭や異臭がするようになったり、細菌バランスを崩してニキビを作ったり、メイクも崩れてしまいます。

そしてもう1つの害が、目に入ると激痛を起こす原因物質になることです。

通常であれば皮脂が多少目に入ったところで気になりません。

ただし深夜まで溜め込まれて酸化した大量の過酸化皮脂が眼内に侵入すると、目を開けられなくなるほどの激痛が走ります。

では、どうすれば過酸化皮脂を減らすことができるのでしょうか?

ダイエットしても減らない顔の脂を減らす6つの方法とは

脂性や油脂症など皮脂の出やすい体質の場合、減量やダイエットによって脂肪の量を減らせば分泌される脂の量も減ると思いがちですが、生産される皮脂の量と体内の脂肪の量は無関係です。

肥満や太っていても皮脂の少ない乾燥肌の方はいらっしゃいますし、痩せていても油の多い肌の方もいらっしゃいます。

では体重を落とす以外に顔や頭皮の油を減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

洗顔をしっかりと朝晩行う

皮脂の量を減らす簡単な方法は、きちんと洗剤を使って洗うことです。

スクラブなどの物理的な強すぎる刺激は、かえって皮脂の分泌を促して逆効果になることもあります。

両手の上で細かく泡立てた洗顔フォームや洗顔石鹸でやさしく、ゆっくりと脂を落とすことが大切です。

もちろん横着せずに毎日洗うことが必要なのは言うまでもありません。

保湿をしっかりと行う

皮脂は表皮の乾燥を防ぐために分泌されるため、肌を保湿することも脂の抑制に効果的です。

保湿液や乳液、モイストライザーなどの機器を使って水分を補給しましょう。

周囲の環境にも注意して、部屋の空気が乾燥しすぎないように注意も必要です。

抗酸化物質をしっかりと摂取する

皮脂の酸化を予防するには酸化を防ぐ抗酸化物質の摂取が欠かせません。

抗酸化物質と言っても、その種類は数多くあります。

ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、クロロゲン酸など様々な酸化防止成分の多くが野菜や果物には含まれています。

これらの抗酸化物質を適切に食べることで、過酸化皮脂の量を減らすことができます。

運動や入浴、サウナによって汗腺を開く

汗の出る汗腺を活発に活動させておくことで、不必要な皮脂を洗い流すことが出来ます。

体温を上昇させて発汗すると、肌の上を流れる汗は表皮をきれいな状態に回復させます。

皮膚をクリーンに保つことも、表皮の過剰な分泌を防ぐ効果があります。

メイクは軽めを心がける

お化粧のしすぎは、肌に負担をかけて皮脂の量を増加させます。

またオイリーな化粧品も、皮脂と混ざり合うことで過酸化皮脂の総量が増える原因になります。

ナチュラルで自然な負荷の少ないメイクをすることで、過剰な脂の分泌を予防することができます。

良い脂を使った料理を食べる

酸化の進んだ油の摂り過ぎは皮脂の量だけではなく、酸化のしやすさにも影響を与えます。

不飽和脂肪酸などの体に良い油であるオリーブオイルなどを使った食事をすることで、皮脂の質を高めることが可能です。

顔の油が多いからと脂肪をカットするのではなく、高品質なオイルを選択するようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、長時間起きていると突然感じる目の痛みが酸化した皮脂によって起こること、また過酸化皮脂の発生を予防する6つの方法を紹介しました。

顔や頭の油を減らすというと、ダイエットや減量によって体の脂肪の量を少なくすれば解決すると勘違いすることがあります。

しかし皮脂の量は生体の防御反応によるものであり、体内にある脂肪が多いから多く分泌されるものではありません。

過酸化皮脂に正しい対処をすることで、急な目の痛みだけでなく、悪臭や角栓、にきびなどの数多くの害を予防することをおすすめします。

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ