セレブ専用の太もも痩せ!クレイジーエイト(Crazy 8)ダイエットのやり方と効果とは

ぜひシェアボタンを押してください!

「太ももを痩せたくて、マッサージを始めたりグッズを購入したけれど、全然効果がない」

「細い太ももにしたくて、エクササイズや筋トレしたら、逆に太くなった」

みんな余分な脂肪を減らしたくてダイエットしたのに、目的の部分が痩せなくて減らしたくない場所の脂肪が無くなってしまったり、細く引き締めたい所に筋肉がつきすぎてゴツゴツしてしまうという悩みがあります。

ですが実は、バストとヒップを大きくして、お腹と太ももは引き締める、女性的で魅力のあるグラマラスなスタイルになるダイエット方法が、すでに開発されているのです。

この記事では、ハリウッドのセレブモデルや女優に、専属トレーナーが指導している特別なダイエット方法『クレイジーエイト(Crazy 8)』を紹介します。

Photo credit: alien_artifact via Visualhunt.com / CC BY-SA

スポンサーリンク

スタイルが必須な職業に!クレイジーエイト(crazy 8)ダイエットの歴史とは

このダイエット方法を発明したアンディー・ヘッカーは、プロのバレリーナであり、見た目の美しさとしなやかな筋肉を保つトレーニング方法を考え続けていました。

彼女は体の構造を科学的に研究し、スタイルを維持するのに必要な筋肉だけを選択して鍛えるダイエット方法を模索し、この『クレイジーエイト(Crazy 8)』を開発したのです。

クレイジーエイトは、持久力の赤い筋肉(遅筋)と瞬発力の白い筋肉(速筋)を同時に鍛えることができる、効率の良いワークアウトプログラムです。

モデルとして、ヴィクトリア・シークレットの舞台に立ったミランダ・カー(Miranda Kerr)や、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(Rosie Alice Huntington-Whiteley)も、クレイジーエイトダイエットに取り組むことで、スタイルを維持していました。

ハリウッド映画に出演する女優も、スリムでありながら健康的で女性的な体型を維持しなければなりません。

映画『スーサイド・スクアッド(Suicide Squad)』にハーレイ・クイン(Harley Quinn)役で出演した女優マーゴット・ロビー(Margot Robbie)も、クレイジーエイトダイエットに挑戦して、スクリーンで披露したぴっちりとした衣装に負けない魅力的なスタイルを作り上げたのです。

短時間の1回1時間で終わる!クレイジーエイトダイエットの方法とは

クレイジーエイトは、数字の8が名前についているとおり、8種目の部分筋肉トレーニングを組み合わせたエクササイズです。

1種目にかかる時間は1~2分であり、種目間の休憩時間は45秒~1分以内を守って次の種目に取り掛からなければなりません。

8種目の筋トレが終わったら、再度クレイジーエイトを開始して、合計3回繰り返します。

マーゴット・ロビーが取り組んだクレイジーエイトダイエット方法は、次の8種目です。

①自重スクワット(20回)

両足を肩幅くらいに開いて、中腰の姿勢になるまで体重をかけて、スクワットをします。

太ももの間に、水の入った500ミリのペットボトルを挟むことで、脚痩せ効果を高めることができます。

②レッグキック(20回)

足を体の前と後に限界まで上げて下ろす運動を、片足ずつ行います。

腰回りとお尻の引き締めに、効果があります。

慣れてきたら足首に巻けるウェイトを着けることで、負荷を高めることができます。

③スパイダーキック(20回)

両手両足を床について、左腕と右足、右腕と左足といった逆の手足を身体の高さまで持ち上げます。

手足を素早く動かすのではなく、体の高さで一度停止させることが大切です。

④ラテラルライズ(25回)

ダンベルを両手で持って、肩の高さまで持ち上げます。

腕を胴体から直角の位置にまで、しっかりと持ち上げましょう。

⑤トライセップ・プッシュダウン(25回)

背筋を鍛えるために、背中に力を入れて負荷をかけることが大切です。

器具を使うと便利ですが、腕立て伏せの形で広背筋に自重をかけることでも応用可能です。

⑥バイセップ・カール(20回)

ダンベルを使った腕のトレーニングであり、二の腕を引き締める効果があります。

また適度な筋肉がつくことで疲れにくくなるため、腕をだらしなくブラブラさせたり、腕を組んだりすることが減ります。

気を抜いたときの姿勢も、意外と見られているものなのです。

⑦クランチ(25回)

仰向けに寝た状態で、両足を持ち上げて腹筋を強化します。

両足を天井に向かって伸ばす気持ちで固定すると、負荷が高まります。

⑧クラムシェルズ(25回)

太ももの外側と内側、わき腹を鍛えるトレーニングです。

この体勢で上になった足を持ち上げて閉じることで、大きな負荷をかけることができます。

クレイジーエイトダイエットは、基本的に自重を使った筋肉トレーニングであり、ダンベルがあると便利ですが、500ミリリットルのペットボトルでも効果的に代用できます。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、アメリカのセレブや女優が、健康的で必要な部分に脂肪を残しながら、短期的な体の引き締めに利用してる、クレイジーエイトダイエットのやり方を紹介しました。

自重トレーニングの一種なので、自宅以外の旅先のホテルなどでも毎日行うことができるため、モデルや女優にも好まれている痩身エクササイズなのです。

このダイエット方法には食事制限は必要ないため、食べることが大好きだという女優マーゴット・ロビーも、このやり方をオススメしています。

今日からでも始められるクレイジーエイトダイエットに、今すぐ挑戦しましょう!

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ