脂肪を燃やして筋肉が増える!ダイエット効果を高める正しい昼寝の方法とは

ぜひシェアボタンを押してください!

睡眠ホルモン

体重を効率良く減らすことができる、「正しい昼寝」をご自身の生活習慣に加えてみようと思いませんか?

有酸素運動や筋肉トレーニングをしても、筋肉がうまく増えない時や脂肪が燃えない場合には、あなたの体質の問題を疑う必要があります。

適度な運動と適切な食事をしているのにボディメイクが上手くいかないのであれば、正しい方法の昼寝をすることで、この体質の課題を解決できるかもしれません。

この記事では、適切な時間に正しい昼寝をすることで、痩せやすい体質に変える方法を紹介します。
[ad#ad-11]

スポンサーリンク

睡眠不足だとダイエットに失敗するのはなぜ?

そもそも睡眠不足はダイエットの大敵です。

長い時間起きていると空腹感が高まり、おやつや夜食として脂質や糖質の多いカロリーの高い料理を食べたい欲求が高まります。

また短い睡眠時間はストレスの原因となり、昼食や夕食の過食や、間食を食べすぎてしまう原因になります。

夜に十分な時間眠ることで、このような心理的なダイエットの失敗を予防できるだけではなく、痩せるという行為そのものに良い効果をもたらします。

それは睡眠中に脳から分泌される「成長ホルモン」という物質の影響によるものです。

筋肉を成長させ代謝を向上させる成長ホルモンの効果とは

まず下の図をご覧ください。

成長ホルモン分泌

1日の成長ホルモン分泌曲線

これは1日の成長ホルモンの分泌量を示したグラフです。

成長ホルモン(growth hormone)とは、脳下垂体から分泌されるホルモンの一種であり、体内の代謝や脂肪の燃焼、筋肉の成長に関係しています。

この人の体の成長ホルモン分泌リズムと時間帯のグラフを見てもらえればわかるように、夜10時以降から成長ホルモンの分泌量が増えることがわかります。

このゴールデンタイムにしっかりと睡眠を確保することで、成長ホルモンの分泌を促し、運動やダイエットの効果が得られやすい体質になるのです。

しかし忙しい方の場合、夜10時に眠ることなど不可能だという方も多いでしょう。

その場合は、もうひとつのゴールデンタイムに昼寝をすることで、この問題を解消することができるのです。

スポンサーリンク

なぜ昼寝をするとダイエットに成功しやすいのか?

先ほどの成長ホルモンのグラフを見て頂くと、午後2時前後に分泌量の増えるピークがあることに気づかれるでしょう。

これがダイエットに最も効果の高い昼寝のゴールデンタイムです。

この時間帯に短時間の昼寝(15分~30分)をとることで、夜の睡眠不足で失われてしまった成長ホルモンを再分泌させて、筋肉の成長回復、脂肪の燃焼を促進させることができるのです。

そもそも人は、昼食後に眠気を感じる生き物です。

社会システム上、カフェインなどによって無理やり覚醒状態を保つことを要求されますが、生物としてお昼すぎに眠気を感じることは自然な現象です。

それに合わせて少しの時間、昼寝をすることで、運動やダイエットの成果を得られやすい体に戻ることは、体内のリズムに従った正しい行動なのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、午後2時前後のゴールデンタイムに短時間の昼寝をすることで、1日の成長ホルモンの量を確保して、疲労回復や筋肉の成長、脂肪燃焼につなげる方法を紹介しました。

しっかりとした睡眠をとることがダイエットの成功の近道ですが、夜になればなるほど忙しくなってしまう方には難しいものです。

運動をしても食べる量を減らしても脂肪が落ちないと悩んでいるなら、正しい短時間の昼寝を試して、体質を改善することをオススメします。

【下の関連記事と新着記事もいかがですか?】

スポンサーリンク

ぜひシェアボタンを押してください!

フォローボタンで最新記事をお知らせ